ホームページに関する知識・用語

ペンギンアップデート

前回、記載した「パンダアップデート」はかなり前から適応されていた事もあり、普通にサイト作りをしていたら今ではあまり大きな問題ではなかったのですが、先日、新しいアルゴリズム「ペンギンアップデート」が日本でも活動するようになりました。これは一言でいえば「外部対策」にあたります。
前回のパンダがサイト内の不正や質を問題にしたアルゴリズムに対して、今回はいわゆる「被リンク」過度にSEO対策をしているかどうかを見極めるものでした。
例えば相互リンクばかりで特に中身のないサイトであっても、他サイトからのリンクは多数あったことで上位表示が出来ていました。でも、これってユーザーに便利ですか?あまり意味ないですよね?
と言う事で、このようなお互いをリンクで繋いで、無意味にリンク数を稼いでいるだけのようなサイトは検索エンジンからペナルティを受けたりしました。
簡単に言えば上記のようなサイトがペナルティを受ける対象になります。
ボタン1つで何百・何千ものリンクを作るシステムはもう怖くて使えないでしょう。
ただ、これはウラをかえせば悪用出来ないんですかね??と思ったりもする。
ずっと前から言われている手法だが、どうなんですかね?
まぁ、この辺の問題は深すぎるのとしっかり考えることも必要だと思う。
以下のサイトはすごく勉強にもなると思うので、気になる人、もっと勉強したい人は読んでみてはいかが?

SEO Japan http://www.seojapan.com/blog/penguin-update-by-matt-cutts
ちなみに、googleのガイドラインに抵触した場合、いかなる相手もインデックスからの削除対象になる。
以下は実例のニュース。

http://japan.internet.com/webtech/20060209/11.html コワイ、コワイ。

ベーシックプラン

毎月1万円でここまで出来る!
高額なホームページ制作料金など必要ありません!

レコメンドプラン

内部SEOプランもついてこの価格!
コストパフォーマンスなら負けません!

バリュープラン

内部・外部ともにSEO対策プラン込み!
webの事で他に必要な物はございません!

ページトップへ